漫画喫茶の歩き方

☆店内のレイアウトをチェックしてみる
 店のレイアウトを見れば店長がどれだけ経営に力を入れているかを大体予想することができます。レイアウトが悪い店は華々しくOPENしてもしばらくすればつぶれる可能性が高いので会員になるのは辞めましょう。
レイアウトのポイントを書きます。全部対応している必要はありませんが半分は満たしているのが望ましいです。
・死角が少ない(万引き対策)
・掃除がしやすい配置になっている
・店を明るく見せるように照明灯の位置や角度を考えてある
・外から見た時に中のお客さんが見える (ただし顔は見えない様に)
・本に直射日光が当たっていない
・入り口の横にカウンター、その後ろにバックルームがある
・換気が十分される構造になっている(特に喫煙・禁煙のすみ分け)
・壁の露出を減らす為に、なるべく壁面は本棚で埋めてある。

 特に店員からの死角が少ないというのは重要です。死角が多い店は、OPEN当初はコミックがそろっていても万引きされてスカスカになってしまいます。そうすると1巻から順番に読んでいって5巻だけない!という状況になったりします。そんな店ではストレスがたまります。初めて行く店では、必ず人気漫画が全巻揃っていることを確認しましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。