漫画喫茶を100%楽しむ方法

☆立地条件で楽しむ
田舎にある駐車場の広い漫画喫茶はある意味最高です。駅前などの漫画喫茶は人が多く満席になったりして落ち着きませんよね。私は人が多いのが苦手なのでなるべく一人分空けて座れるくらいの混み具合の店を選んでいます。
そういう意味で田舎の漫画喫茶は満席になることがなく人気の漫画も取られずに残っている確率が高く満喫できます。駐車場に停まっている車の台数で大体の混み具合を予想できるというのもいい点ですよね。徒歩でも人が来るような店は、入ってみたら混んでいてがっかりするということがありますからね。

☆かわいいお姉さんがいる
さらに言いますと田舎の店の究極の形というのが存在します。それは、かわいいお姉さんが一人でやっている店です。そんな店あるのかよ!!という声が飛んできそうですが、実際、探せばあります(田舎は人件費削減のため、店が小さく店員が一人という店)。
なぜ究極かといいますと、料理を注文するとそのお姉さんが手作りしてくれます。さらに店に誰もいないときに行けば二人きりです。気軽に声をかけて雑談したりもできます。まあ、それをし始めたら漫画喫茶に来た意味はないですが……。まあ、あくまで裏技ですからご了承ください。
雇われて働いているお姉さんだと思いますが、漫画喫茶で働いているだけあって漫画の話で盛り上がることができ、話のネタに困ることがないというのもポイントが高いです。漫画喫茶の本質からどんどん離れていきそうなのでこの辺りで止めておきます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。